FC2ブログ

札幌でいいじゃないですか

 ほら見たことか!。先日の世界陸上でも、突然選手の派遣がOKになったりと、国際陸連などの組織がいかにその場しのぎかわかります。IOCは昨日突然、「マラソンと競歩は札幌で実施を検討する」と発表しました。このブログでも言いましたが、その世界陸上の競歩とマラソンが、あまりにも悲惨な状況で棄権の連続でしたね。批判が渦巻いたことから、どうもIOCもビビッてしまったのでしょう、「酷暑の中で、東京のマラソンや競歩はまずい」となったわけですね。

 「検討する」という言い方ですが、もうほぼ決定でしょう。もともと「7月から8月にかけてオリンピックを実施しろ」と言ってきたのは、IOCですよ。日本は、「東京の夏はとてもいい気候です」とかなんとか言って、招致というご褒美をもらったのでした。しかし、このIOCと日本の「なあなあのごまかし」によって、東京開催が決まり、「本当は東京はめちゃくちゃ暑いのに」ということは「知らない」ふりをしてきてしまった。
 ところが、世界陸上が灼熱のドーハで行われた。これもとんでもないと思いますよ。暑くてスタジアムにはほとんどお客がいないし、競歩やマラソンの沿道には(深夜ということもあるが)、観客もいない。そしてレースをやれば、次々と選手が棄権していく。日本は辛うじて競歩でメダルをとった から、あまり深刻に考えてないが、実情はどうか。

 で、札幌になる。基本的には東京でやるより、気候的にはずいぶんいいと思いますが、選手強化の現場は大変でしょうね。「暑い中で、耐久レースになる」という考え方で強化してきているのですが、「涼しい中で速いレース」ということになると、アフリカ勢が俄然有利になる。また、札幌は普通は涼しいですが、時折すごく暑くなることもありますから、「こりゃ予想と違った」ということにもなります。

 まあしかし、根本的に7月から8月にオリンピックをやること自体、暑い地域では無理があるわけですよ。何回も言います、1964年の東京オリンピックは10月10日から始めたんですよ。
スポンサーサイト



テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

チルソク現場監督

Author:チルソク現場監督
男 1958年生まれ
北九州市小倉北区出身

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード